妊活スタイル デキルカラダへ

妊活は基礎を改善すれば妊娠できるという考え

妊活力をアップさせる方法

ef54e84f

妊活を始めると「このやり方であっている?」「本当にこれって効果があるの?」と疑問や不安に思うことがたくさん出てくるものです。

そんな疑問や不安を解消するためには、まずは妊活の方法について正しく理解することが大切。
そこで今回は、「妊活力をアップさせる方法」について項目別にご紹介していこうと思います。

【妊活力をアップさせる方法】

we89w89
・産婦人科を受診する

敷居が高いと感じる方が多いかもしれませんが、効率よく妊活を進めて行くためには、まずは産婦人科を受診するのがおすすめです。
不妊の原因の中には、自分で妊活を頑張っても改善せず、病院での治療が必要なものもあるからです。
時間を無駄にせずできるだけ早く妊娠するためにも、まずは産婦人科で身体の状態をチェックしてもらいましょう。

・生活習慣を改善する

普段の生活を見直すことで妊娠しやすい身体づくりをしていきます。
具体的にどんなものがあるのかみていきましょう。

ー妊活に良い食品を摂る

 

ef59f5we9
妊活に良い食品として、亜鉛、アルギニン、鉄分、セレン、ビタミンC、良質なタンパク質、カリウム、葉酸を多く含むものがあげられます。
これらの妊活に良い食品を意識して摂ることはもちろん、そのほかの栄養素もバランスよく摂っていくことが大切です。
また、どうしても摂りにくい栄養素についてはサプリメントを利用して補っていきましょう。
サプリは妊活サプリとして販売されています。葉酸を含むサプリが人気で、人気なものが多くあります。

ー運動して下半身の筋肉を鍛える

下半身の筋肉を鍛えることで卵巣の血流が良くなり、質の良い卵子をつくれるようになります。
また、筋肉をつけておくことで出産時にいきみやすくなり、スムーズなお産も期待できます。
運動に自信がない方はまずはウォーキングなどの簡単なものから始めてみましょう。

ー身体を冷やさない

身体が冷えて免疫力が低下すると、卵子の機能が低下して妊娠しにくくなります。
運動をして代謝を良くする、生姜などの身体を温める食品を摂って血流を良くするなど、身体を冷やさない工夫をしましょう。

・セックスを工夫する

4ef84e
妊娠するための直接的な行為なので、工夫次第で妊娠確率を上げることができます。
どのように工夫すれば良いのかみていきましょう。

ータイミングをはかる

妊娠の確率が最も高くなるのは排卵日の1〜2日前にセックスをした場合です。
つまり、排卵日をできるだけ正確に把握しておくことが大切な訳です。
排卵日を知る方法として一番確実なのは産婦人科で調べてもらうことですが、基礎体温を測ったり、薬局に売られている排卵日検査薬を使えば自分でもある程度の予測が可能です。

ー週に2、3日の頻度で

妊娠しやすいセックスの回数については様々な意見がありますが、一般的には週に2、3日といわれています。
回数が多いほど良いと思われがちですが、一度射精すると次に十分な数の精子ができるまでに数日かかるため、これくらいの頻度が良いとされています。

ー体位を工夫する

妊娠しやすい体位とは、子宮の奥に精子が届きやすい体位のことです。たくさんの精子が子宮にたどり着くことができれば、卵子との出会いが増えて妊娠の可能性が高まるからです。
具体的には正常位、後背位、後側位、側仰位などです。
妊活力をアップさせる方法がわかりましたね。
妊活は長期戦になることも多いです。
なかなか妊娠せず、不安になってストレスを感じることもあるかと思いますが、ストレスは妊活力ダウンの原因にもなります。
できるだけストレスをためないように、「正しい方法を理解して行なっているんだ!」と自信を持って取り組むことが大事です。
焦らずに、一歩ずつ、着実に行なっていきましょう。